広島市・あやめ幼稚園(牛田教会学園あやめ幼稚園のブログです)


広島市東区牛田中 2-7-34
by ayamekusu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

安楽寺の大イチョウの紙芝居&被爆体験


f0324461_23445617.jpg

「牛田の歴史と文化を生かした町作りの会」の方々に、「安楽寺の大いちょう」のジャンボ紙芝居をしていただきました。この紙芝居の大きさは、なんと1.8mの大きさ!!原画は牛田に長く住まれた絵誌家のはらみちをさんに描いていただいたそうです。はらさんはたくさんの絵本を描かれていますが、特に「ピカドンたけやぶ」は、皆さんもご存じでは?

f0324461_23455560.jpg

 樹齢300年とも400年ともいわれる大銀杏が題材です。親鸞聖人が江戸のお寺で植えたという銀杏の枝を、安楽寺の門徒さんが、その昔江戸時代になんとか枯らすまいと知恵を絞って、なんとこんにゃくに突き刺して持って帰ったのが由来とか。

f0324461_23484269.jpg

牛田本町の理容院の西坂悟さんの「語りと間」がとても歯切れよく、また心地よく、どの子もその世界に引き込まれて行きました。


f0324461_23495041.jpg

成長したイチョウは原爆が投下された時、枝を広げて寺を守りました。傷ついてできた空洞(くうどう)に鳥がすむようになり、人々は平和の訪れを喜んだという話です。
f0324461_23464164.jpg

子ども達も毎年イチョウ拾いで親しみのある木がそんな辛い事があったのかと、そして爆弾が落とされる場面、和太鼓の激しい音に、一瞬皆「はっ。」と息を飲みました。真剣に聞き入っています。
原爆の恐ろしさ、戦争の愚かさ、そして復活した大イチョウから、命の偉大さと素晴らしさを感じてほしいですね。

f0324461_23474255.jpg

今年になって、戦後初めて手にすることが出来たという原子爆弾投下後の牛田の町の様子を写した写真。安楽寺の場所を指し示す西坂さん。ほとんど焼け落ち、荒れ果てた様子の中、安楽寺のいちょうの木を見てとれました。
f0324461_23504615.jpg

f0324461_23512731.jpg

 二本目は「いたずら狸」、昔、昔、牛田にはいたずら狸が住んでおり・・・こちらはうってかわってコミカルなお話、途中で本当の?お坊さんが出てきたり、みんなで大笑いをしましたね。
f0324461_23522156.jpg
みなさん、揃いました。本当にありがとうございました。この日は小学校が代休であったので、メンバーのお子さんもお手伝いしてくれました。

f0324461_23530817.jpg

 最後に劇中にいろんな楽器を吹いてくださったこの素敵な女性。実はあやめの卒園生なんです!!オカリナ界では、かなり著名な野口美紀さん。最後にオカリナと和太鼓とピアノのセッションで子ども達に演奏してくださいました。うちのC先生もオカリナが上手ですが、今度は二人でコラボしていただきたいですね!(^^)!今回のあやめ訪問を、野口さん自身のブログにすぐアップしてくださいました。

http://blog.miki-noguchi.com/s/article/408813128.html


さて、後日、実際に安楽寺へ・・・
毎年いちょうが色づく頃、みどり組は前住職の登世岡さんから被爆体験を伺いに行きます。

f0324461_16271349.jpg

見事な安楽寺のいちょうの木。毎年、美しい紅葉で、多くの人々の目を楽しませてくれています。子ども達には、イチョウ拾いも楽しいのですが、戦争の傷跡がいちょうの幹やお寺の柱に色濃く残っています。 
爆心地側の幹に大きな火傷を負い、いかに爆風の脅威があったかうかがい知ることができます。安楽寺の屋根は、全て吹き飛び、頑丈なお寺を支える柱でさえも、爆風によって斜めに傾いてしまいました。「今日まで多くの方に支えられ、立派な屋根のついた安楽寺は、永きに渡って地域と共にあるでしょう。」と語られます。


f0324461_16284216.jpg

 戦後70年近く経ち、実体験をされた方は少なくなり、こうしてお話が聞けるのはこの時間は本当に貴重な時間です。当時中学生だった登世岡さんは、江波の軍事工場で働いており、少し離れた場所からヒロシマの町を見つめるしかなかった・・・原子爆弾投下直後のキノコ雲が、白くて真っ赤になって、それから黒い煙が立ち込めて・・・。切なくて、悲しくて、怖くて聞くに堪えられない話ですが、登世岡さんの話にはそれを想像させる力がありました。子ども達は真摯に耳を傾け、登世岡さんもそんな子ども達に応えてようと、時間を大幅に延長して話してくださいました。本当に感謝です。


f0324461_16291975.jpg

 安楽寺の帰り道・・・牛田南の二又土手沿いにお地蔵さんは、今もひっそり佇んでいます。当時建物疎開でヒロシマの町で被爆し、家に帰宅することが叶わなかった森毅くんを偲んで建てられたお地蔵さん。その前で改めて平和を誓い、お祈りをしました。皆さんもどうぞ足を止め、子どもさんと一緒に考える時としてください。

f0324461_23135468.jpg
f0324461_23141270.jpg

 そして紙芝居の西坂さんのお店に寄り、先日のお礼を伝え、お地蔵さんの絵本をお借りすることが出来ました。「桜土手のおじぞうさん」西坂さんが取材を受けられて、それを基に作られた絵本だそうです。


もう一つ・・・収穫感謝祭の買い出しの途中に牛田公園に寄りました。
f0324461_16303701.jpg

いつも楽しいこの公園にも、69年前は原爆亡くなった方を荼毘にふした悲劇は、現実として残っていました。毎年、8月6日の前夜に慰霊祭が行われています。牛田公園の違う一面を知った子ども達です。



# by ayamekusu | 2014-11-24 18:16 | 園のできごと

ひろしま街づくりデザイン大賞受賞^ - ^

f0324461_08443857.jpg

第14回ひろしま街づくりグッドデザイン賞(建築公募部門応募)の大賞を教会、幼稚園が受賞しました\(^o^)/28日(金)14時より地下街シャレオ中央広場で表彰式があります。どなたでも参列できるそうです。初めてこの建物ができた時、牛田の街の人がよく立ち止まって見ていたものです^ - ^ 15日(日)の新聞に折り込みの市民と市政をご覧くださいね^ - ^




# by ayamekusu | 2014-11-17 09:37 | お知らせ

幼児祝福式


f0324461_22523554.jpg


f0324461_22121446.jpg
 本日は各クラスごとに幼児祝福式を行いました。日本でも七五三があるように、キリスト教にもそれに代わるものが幼児祝福式です。聖書には、イエス様が子どもを抱き上げ祝福してくださったとことが書かれています。子どもたちの健やかな成長を願い、皆で礼拝を守りました。
f0324461_22024003.jpg

 園長先生が持っている小さな鉢には何の芽が出ているのでしょうか?そう、これは「どんぐり」の芽です。1年前に植えたどんぐりがこんなになりました。この小さなどんぐりにも、神様は命を与えてくださっています。皆が座っているこの礼拝堂の椅子も、どんぐりの木からできていて、椅子が出来る程に木が育つには何十年もかかるんですよ。みんなも神様に命をいただき、またそのそれぞれの賜物を輝かせ、すくすく大きくなりますようにと、メッセージを送られました。

f0324461_22043027.jpg
 あかぐみさんから順に、一人ひとり、牧師先生から祝福を受けます。最後にみんなで「アーメン」とお祈りしました。ちなみに「アーメン」とは元来ヘブライ語で「まことに、たしかに」という意味で、後に「まことにそのようになりますように」となったそうです。
f0324461_22095793.jpg
きいぐみさんも、すっかり大きくなりましたね。おうちの方々も感慨深い瞬間です。神様の導きがありますように・・・アーメン。
f0324461_22071861.jpg
さすがみどりぐみさん、並ぶ列もまっすぐ。少し緊張してますが、凛とした空気が子どもたちを包み込みます。神様の見守りがありますように・・・アーメン
f0324461_22052097.jpg

 小さな赤ちゃんもすくすく大きくなりますように。祝福の後、赤ちゃんがこっちを向いてにっこり!その瞬間、神様の愛が今ここに注がれたと確信しました。

f0324461_21584484.jpg
こちらあかぐみさん(*^。^*)みんな嬉しそう、だけど写真が苦手な人も暴れた後、やっと撮れました((+_+))

f0324461_21530679.jpg
こちら年長さん!みんないい顔していますね!(^^)!
f0324461_21542758.jpg

最後はきいぐみさん、双子君、お兄ちゃんが幼稚園に来ていたころはお腹の中にいたのに、あれから5年も経ってこんなにも大きくなりましたね。満三歳のもも組さんも一緒に!!あれあれ、あっかんベー011.gifしてる・・・

 子ども達の成長を喜ぶとともに、子どもが生まれた瞬間からその子の親になり、神様から「命を育む」という大事なお仕事を託されていることを、改めて思い起こす良い機会になりました。
これからも子どもたちの歩みの上に、益々の愛と恵みと希望がありますように・・・アーメン




# by ayamekusu | 2014-11-16 23:35 | 園のできごと

うんとこしょっ!どっこいしょっ!!


行ってきました!見張市民農園。あやめ幼稚園からバスでちょうど1時間ほどです。
六月にみどり、きいぐみさんがJR芸備線に乗って、苗植えに行ってくれましたね。大型バスには、みどり&あかぐみ、中型バスにはきいぐみさん貸切状態でしたね。バスの中で礼拝、手遊びやゲームを楽しみながら、お芋畑に向かったのでした。車内ではすでに興奮気味で熱気ムンムン!体温上昇でバス酔いする子も?いましたが、お芋畑に着くとすっかり笑顔になったから不思議です、よかった、よかった!着くと風は少し冷たかったけれど、澄んだ空気がとても心地よく、日なたはポカポカでした。



f0324461_00210938.jpg
「お芋と綱引きしますよ~」うんとこしょ、どっこいしょ\(^o^)/あか組さん、がんばれ!他のクラスは声援で加勢します。次は、自分の番!そう思うと自然と声に力が入ります。

f0324461_00222064.jpg
見てください!!おいもを掘ってはどんどん収穫されていってる様子です。まさに芋づる式⁉︎まるで宝探しのように、お芋が顔を出すと、待ってましたとばかりに、手でどんどん掘り進めます。他の園の子は上品に軍手、スコップで掘るらしいのですが、あやめの子は素手で汚れるのもお構いなし(^人^)たくましいですね。土やお芋の感触を直に味わいました。


f0324461_00230653.jpg
「このお芋に何の形に見えるかな?」お馴染みの牛田東在住のあやめ専属カメラマン?上田さんが子ども達にビデオを回します。大人なら突然聞かれたら悩んでしまいますが、子どもはさすが、とっさにインスピレーションを働かせ、「亀さん!!」だそうです。確かにあかぐみにいる、かめ吉に似ているね(^人^)


f0324461_00241721.jpg

さてさて、こちらのお芋は、にょろにょろへびさん。くねくねしているね^ - ^手も土で真っ白に!頑張って掘ったんだね(^_^)

f0324461_00244304.jpg
お次は、「ボーリングの球」だそうです。そう言われるとなんだかそんな風に見えてきましたね…

f0324461_00253833.jpg
インタビューを受けている最中は、実はこんな感じ!今回は、総勢3台のカメラで撮られました^ - ^今日も上田さんのカメラワークが光ります。膝にはサポーターもして万全です!ご本人は趣味で撮っていますとおっしゃるのですが、いえいえ、趣味の域はとっくに超えていますよ( ̄◇ ̄;)もしかすると、いつものように、NHKのアイラブビデオで採用され、放映される可能性大です^ - ^

f0324461_00260721.jpg
ひと通り、お芋を掘り出したものの、それでもまだ土の中に、お芋が隠れてやしないかと皆、精を出して探っているところ。今年の夏は長雨の日照不足で、例年よりサイズも小ぶりで、全体的にお芋の量が少ないとのことでした。まるで宝探しのように、執念でジャンボサイズ、掘り当てましたよ(≧∇≦)


f0324461_00264323.jpg
あかぐみさん、ももぐみさん集合~!こっちみて~、写真撮るよ〜。全員がベストショットになるのは毎度至難の業です…

f0324461_00272085.jpg
お次はきいぐみさ~ん、みんなでハイポーズ^ - ^


f0324461_00281289.jpg
みどりぐみさん、「やった~!!」ってついつい、叫びたくなりました。うれしいね。


f0324461_00283266.jpg
必死に掘ったのでみんなお腹ペコペコです。お母さんが作ってくれたお弁当、青空の下、そして四方は緑に囲まれ最高です。食後には、先日あかぐみのKちゃんが沢山みかんを持って来てくれたものを、またまた全員に配って頂きました。秋の恵みたくさんですね!

f0324461_00291810.jpg
お弁当食べた人から、畑の園長先生のはからいで、特別一人ひとりに、にんじんを抜き?を体験させてくださいました。翌週聞いてみると、生でそのまま味わった人、葉っぱも炒めて食べた人、サラダ、きんぴら、カレーに入れたとか。素朴な味のにんじんで、美味しかったね\(^o^)/

f0324461_00301005.jpg
お芋がずらり!獲れた総数、予想できますか?全部並べてみると。。。大きいお芋が300個、小さいお芋が278個、大小合わせてなんと578個となりました(°_°)お土産はこの並んだ状態で一人ずつ、大小5個のお芋を自分で選びました。ここで性格が分かる⁈とにかく大きいもの、中には自分の顔よりも大きなものばかり選ぶ、質より量派…
はたまた、きれいな形でまさに美味しそうなのを選ぶ人、はたまた、お土産を待つお母さんに申し訳ない程小さいものばかり選ぶ人。お芋一つで様々な人間模様を垣間見たのでした。さて、残りのお芋は、お菓子の会の方が作ってくださったアレルギーフリーの11月の誕生会のおやつ、お芋のカップケーキになりますよ。その後は収穫感謝祭であやめ汁で頂きます!おたのしみに\(^o^)/





# by ayamekusu | 2014-11-09 21:00 | 園のできごと

雨ふりバザー


f0324461_02113004.jpg
 今年は前日の準備会から雨057.gifたくさんのお母さんたちの協力で準備は万端だけど、天気だけが心配。。。と、迎えたバザー当日。
土砂降りも覚悟の上!でしたが、雨の中たくさんのお客さんで賑わいました。急遽、会場を室内に変更したため、お目当てのお店が見つけられなかった方、ごめんなさい002.gif
f0324461_01594737.jpg
f0324461_01561348.jpg

f0324461_23052669.jpg


 子どもコーナーでは、将来あやめに仲間入りする!?小さな人からあやめを卒園した女子大生まで!たくさんの新しい&懐かしい顔に出会えました003.gif卒園された保護者の方々もたくさん遊びに来て下さり、私たちにとってはちょっとした同窓会のよう053.gif
 遠くは名古屋から、新幹線に乗って、昨年末転勤したAさん親子三人が、遊びに来てくださいました\(^o^)/感激の再開❗️
f0324461_01583895.jpg
 子どもたちのお楽しみ、プラ板コーナーは一日中、大賑わいだったようで、プラ板を焼く、トースターの前には常に行列が。。。

f0324461_01575520.jpg
 うどんコーナーでは、お母さんたちが蒸気を浴びながら、大きなお釜でおいしいうどんをせっせと作ってくださり、200食ものうどんが完売となりました。

 今年もたくさんの保護者の方々の協力によって、大盛況のバザーとなりました。この収益の中から、1月にパントマイム俳優のMIHOさんによる不思議劇場を幼稚園で開催する予定です。お楽しみに。。。

# by ayamekusu | 2014-11-05 20:53 | 園のできごと


カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
たこあげ
at 2019-01-21 09:00
2019年始まりました!
at 2019-01-14 11:41
1月の予定
at 2019-01-10 20:25
クリスマス礼拝
at 2018-12-27 08:00
クリスマスプレゼントみどり組
at 2018-12-26 16:09
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧