広島市・あやめ幼稚園(牛田教会学園あやめ幼稚園のブログです)

ayamekusu.exblog.jp
ブログトップ

親子平和の集い

 8月6日、8時15分。72年前のこの日、広島に原子爆弾が落とされました。
あやめ幼稚園では、毎年8月6日に親子平和の集いを行っています。
f0324461_01400115.jpg
 今年は六日が日曜日、市の行政の都合により、広島の小中学校はこの日の登校日はなく、多くの市民は違和感を感じました。
しかしあやめでは、こんな時代だからこそ、六日に皆で祈りを合わせることに意義があると考え、例年通り行いました。

f0324461_01402763.jpg

日曜ということもあり、お父さん、小学生の姿もあり、例年よりも多い100人を超える人が集まり、とても良い時が与えられました。


f0324461_01423381.jpg

黙祷したのち、続けて子ども宣言。今年はテレビでの視聴ではなく、ラジオを聞きました。
ラジオを普段聞く事のない子ども達は、どこからか聞こえる子どもの声に、はじめはきょろきょろ「誰がしゃべっているの?」。しかし真摯な子どもの声に、次第真剣に耳を傾けていましたね。

f0324461_11055167.jpg

園長先生のお話を聞いた後、みどりぐみさんが中心となって、おうちの方も一緒に「夾竹桃の歌」を歌いました。

♪夏に咲く花 夾竹桃  戦争終えたその日から
 母と子どもの思いを込めて  広島の野に燃えている
 空に太陽が輝くかぎり  告げよう世界に 原爆反対を

この歌は一番から三番まである歌なのですが、最近はみどりぐみのTくんが考えた四番も歌っています。

♪夏に咲く花 夾竹桃  広島一番咲いた花
もうだいぶん経った時には  広島全部 元通り

Tくんの呟きをお父さんが文字に起こしてくれたそうです。みんなで原爆ドームを実際に見て祈り、現地で絵本も読み、たくさん考えたみどりぐみさんだからこそ、出てきた言葉たちですね。この四番を聞くと、明るい未来が見えてくる気がします。

f0324461_01454358.jpg

みどりぐみのRくんも体調が悪い中来てくれ、歌うことはできなかったけれど、続きの5番を作ってくれました。


f0324461_11055293.jpg


その後は大型絵本「ちーちゃんのかげおくり」の朗読を聞きました。

f0324461_11334985.jpg


この話は東京大空襲と言われていますが、絵本には忍び寄る戦争によって、徐々に日常が脅かされ、父の徴兵、空襲に、飢え、家族の離散、孤独が描かれています。時代は違うけれど、もしも自分の子がこのようになると思うとやりきれない・・・涙するおうちの方もいらっしゃいました。
f0324461_01475260.jpg

最後に、みんなで平和への思いを声に出して祈りました。
平和を創り出す、ここあやめから、世界へと祈りが届きますように・・・


by ayamekusu | 2017-08-26 01:15 | 園のできごと