安楽寺の大イチョウの紙芝居&被爆体験


f0324461_23445617.jpg

「牛田の歴史と文化を生かした町作りの会」の方々に、「安楽寺の大いちょう」のジャンボ紙芝居をしていただきました。この紙芝居の大きさは、なんと1.8mの大きさ!!原画は牛田に長く住まれた絵誌家のはらみちをさんに描いていただいたそうです。はらさんはたくさんの絵本を描かれていますが、特に「ピカドンたけやぶ」は、皆さんもご存じでは?

f0324461_23455560.jpg

 樹齢300年とも400年ともいわれる大銀杏が題材です。親鸞聖人が江戸のお寺で植えたという銀杏の枝を、安楽寺の門徒さんが、その昔江戸時代になんとか枯らすまいと知恵を絞って、なんとこんにゃくに突き刺して持って帰ったのが由来とか。

f0324461_23484269.jpg

牛田本町の理容院の西坂悟さんの「語りと間」がとても歯切れよく、また心地よく、どの子もその世界に引き込まれて行きました。


f0324461_23495041.jpg

成長したイチョウは原爆が投下された時、枝を広げて寺を守りました。傷ついてできた空洞(くうどう)に鳥がすむようになり、人々は平和の訪れを喜んだという話です。
f0324461_23464164.jpg

子ども達も毎年イチョウ拾いで親しみのある木がそんな辛い事があったのかと、そして爆弾が落とされる場面、和太鼓の激しい音に、一瞬皆「はっ。」と息を飲みました。真剣に聞き入っています。
原爆の恐ろしさ、戦争の愚かさ、そして復活した大イチョウから、命の偉大さと素晴らしさを感じてほしいですね。

f0324461_23474255.jpg

今年になって、戦後初めて手にすることが出来たという原子爆弾投下後の牛田の町の様子を写した写真。安楽寺の場所を指し示す西坂さん。ほとんど焼け落ち、荒れ果てた様子の中、安楽寺のいちょうの木を見てとれました。
f0324461_23504615.jpg

f0324461_23512731.jpg

 二本目は「いたずら狸」、昔、昔、牛田にはいたずら狸が住んでおり・・・こちらはうってかわってコミカルなお話、途中で本当の?お坊さんが出てきたり、みんなで大笑いをしましたね。
f0324461_23522156.jpg
みなさん、揃いました。本当にありがとうございました。この日は小学校が代休であったので、メンバーのお子さんもお手伝いしてくれました。

f0324461_23530817.jpg

 最後に劇中にいろんな楽器を吹いてくださったこの素敵な女性。実はあやめの卒園生なんです!!オカリナ界では、かなり著名な野口美紀さん。最後にオカリナと和太鼓とピアノのセッションで子ども達に演奏してくださいました。うちのC先生もオカリナが上手ですが、今度は二人でコラボしていただきたいですね!(^^)!今回のあやめ訪問を、野口さん自身のブログにすぐアップしてくださいました。

http://blog.miki-noguchi.com/s/article/408813128.html


さて、後日、実際に安楽寺へ・・・
毎年いちょうが色づく頃、みどり組は前住職の登世岡さんから被爆体験を伺いに行きます。

f0324461_16271349.jpg

見事な安楽寺のいちょうの木。毎年、美しい紅葉で、多くの人々の目を楽しませてくれています。子ども達には、イチョウ拾いも楽しいのですが、戦争の傷跡がいちょうの幹やお寺の柱に色濃く残っています。 
爆心地側の幹に大きな火傷を負い、いかに爆風の脅威があったかうかがい知ることができます。安楽寺の屋根は、全て吹き飛び、頑丈なお寺を支える柱でさえも、爆風によって斜めに傾いてしまいました。「今日まで多くの方に支えられ、立派な屋根のついた安楽寺は、永きに渡って地域と共にあるでしょう。」と語られます。


f0324461_16284216.jpg

 戦後70年近く経ち、実体験をされた方は少なくなり、こうしてお話が聞けるのはこの時間は本当に貴重な時間です。当時中学生だった登世岡さんは、江波の軍事工場で働いており、少し離れた場所からヒロシマの町を見つめるしかなかった・・・原子爆弾投下直後のキノコ雲が、白くて真っ赤になって、それから黒い煙が立ち込めて・・・。切なくて、悲しくて、怖くて聞くに堪えられない話ですが、登世岡さんの話にはそれを想像させる力がありました。子ども達は真摯に耳を傾け、登世岡さんもそんな子ども達に応えてようと、時間を大幅に延長して話してくださいました。本当に感謝です。


f0324461_16291975.jpg

 安楽寺の帰り道・・・牛田南の二又土手沿いにお地蔵さんは、今もひっそり佇んでいます。当時建物疎開でヒロシマの町で被爆し、家に帰宅することが叶わなかった森毅くんを偲んで建てられたお地蔵さん。その前で改めて平和を誓い、お祈りをしました。皆さんもどうぞ足を止め、子どもさんと一緒に考える時としてください。

f0324461_23135468.jpg
f0324461_23141270.jpg

 そして紙芝居の西坂さんのお店に寄り、先日のお礼を伝え、お地蔵さんの絵本をお借りすることが出来ました。「桜土手のおじぞうさん」西坂さんが取材を受けられて、それを基に作られた絵本だそうです。


もう一つ・・・収穫感謝祭の買い出しの途中に牛田公園に寄りました。
f0324461_16303701.jpg

いつも楽しいこの公園にも、69年前は原爆亡くなった方を荼毘にふした悲劇は、現実として残っていました。毎年、8月6日の前夜に慰霊祭が行われています。牛田公園の違う一面を知った子ども達です。



by ayamekusu | 2014-11-24 18:16 | 園のできごと