広島市・あやめ幼稚園(牛田教会学園あやめ幼稚園のブログです)

ボランティアぞうきん

f0324461_22383707.jpg
八月六日の親子平和の集いでは、豪雨災害を覚えて献金とぞうきんやタオルのご協力をお願いしたところ、たくさんのお心遣いを頂きました。
皆さまのご協力、本当にありがとうございます。
中にはぞうきんを縫ってくださった方もおられました。
f0324461_22385997.jpg
集まったぞうきん・タオルは、翌々日、広島市立深川小学校へ贈らせて頂きました。
深川小は豪雨災害により校舎、給食室、図書室、プールが浸水、グランドは土砂が流入し、大変な所の一つでもあります。あの日からずっと夏休みに入り、現在も学校再開に向けて先生方は復旧作業を頑張っておられます。

f0324461_22390265.jpg
この日は、お預かりの日だったため、登園していた子どもたちが代わって深川小の中山先生に渡してくれました。
昨年度のサッカー教室で、あやめに秋に遊びに来てくれた先生です。
その後、校長先生からもお電話があり、
「いただいた雑巾・タオルは、学校再開へ向けて最後の仕上げに校舎の拭き掃除に使わせてもらいます。覚えて頂き感謝です。」とのことでした。
一日も早い学校の復旧・再開をお祈りいたします!




平和の集い



f0324461_10520518.jpg

広島では、8月6日の「原爆の日」を迎えました。
73年前の8月6日の朝、午前8時15分。
一発の原子爆弾により、一瞬にして広島の町は焼け野原と化したのです。
幼稚園でもこの日を登園日とし、平和を祈る時を皆でもちました。
f0324461_23510682.jpg
黙祷の後、「平和への誓い」を皆で聞きましたね。
今年は、子ども達代表として牛田小・五日市東小から2人が選ばれ、「私たちが平和を伝える伝承者になります。」と平和への誓いを読み上げていました。
テレビに映る、小学生のお兄さんお姉さん声に
子ども達も聞きいっているようでした。
f0324461_23544261.jpg
礼拝堂に移り、皆で広島原爆投下の瞬間についての映像を見ました。
年長児で原爆についての話をする時に、「原爆って台風・地震・火事などのすべての災害が一緒にきたくらいの恐ろしさなんだよ」と例えて話をすることもありますが、子どもがイメージするには難しさがあります。
f0324461_22410086.jpg
原爆が落とされ、広島の中心部にいたほとんどの人が放射線・熱戦・爆風により瞬時にして命を失いました。わずか10秒の出来事だそうです。
CGによる復元映像は子ども達にも分かりやすく、原爆の恐ろしさ、惨さ、理不尽さが改めてお家の人にも届いたようでした…

f0324461_22275272.jpg
では、今の私達にできる平和ってなんだろうと「平和ってどんなこと?」作・絵 浜田桂子の絵本をもとに親子で考える時間ももちました。

f0324461_23544614.jpg

戦争をしない。爆弾を落とさない。
だけど、平和って「戦争をしてない状態」のことだけではないですね。
歌えること。笑えること。嫌なことは嫌だと言えること。悪いことをしたら謝ることなど…
日常にある小さなことが平和に繋がります🕊
当たり前の毎日がすでに平和なのですね。
f0324461_23563327.jpg
最後に平和を願う歌として、「しあわせなら手をたたこう」(作詞:木村利人)を皆で歌いました。
しあわせならてをたたこう🎶誰もが知ってる?一度は聞いたことがある歌だと思います。
この歌ができたのは、1954年、当時、25歳の早稲田大学大学院生(木村利人さん)がフィリピンの農村でボランティアとしてYMCAのキャンプに滞在したときに、現地の一人の青年 ランディと出会ったことがきっかけだったということです。
f0324461_00052642.jpg

トイレづくり等の作業に奉仕していた木村さんを現地の人々は決して温かく迎えることはありませんでした。「死ね!日本へ帰れ!!」と厳しい言葉を向ける現地の人々の脳裏には、日本兵に村を焼かれ、家族や友人知人、あまたの人が虐殺された第二次世界大戦の傷が生々しく残っていたからです。
ただ一人友好的な態度をとってくれていたランディも、実は大切な家族を目の前で日本兵に殺される経験を持っていました。
日本兵がフィリピンの人々に与えた取り返しのつかない罪の重さに打ちのめされた木村さんは、葛藤に苦しみながらも彼を受け入れようとしてくれたランディのやさしさに応えたいとの思いを募らせます。
現地の子どもたちが歌うスペイン民謡のメロディーを基に、互いに傷つき合いながらも、理解し赦しあうことへの希望を込めて作詞にあたった木村さんの心に浮かんだのが、聖書の次の言葉です。
(詩編47編) すべての民よ、手を打ち鳴らせ。 神に向かって喜び歌い、叫びをあげよ。

その後、「幸せなら 手をたたこう」は、"歌で世の中を平和にしたい。苦しんでいる人々に希望の光を届けたい"という多くの人々の願いと共に、さまざまな経緯を経て世界中に広がって行きました。
f0324461_12495182.jpg

この歌は12番まであります。それに、讃美→ハレルヤ、感謝→ありがとう、祈りましょう→アーメンを加えて歌いましょう。
平和を願い作り出していくことを、みんなで態度でしめしましょう!
f0324461_13014555.jpg

今年の8月6日も、それぞれが平和について考える一日となりましたね。
私達の平和の祈りが世界へと届きますように🕊


2018年度同窓会


夏休みに入ったあやめ幼稚園に、にぎやかな声が……。そう、今日は小学生のお兄さんお姉さんが幼稚園に帰ってくる同窓会の日でした♪

小学校低学年の時間は、なんと68人も集まってくれました!

f0324461_09520209.jpeg
今年も岡山、山口、松江などに県外にお引越ししたお友達も来てくれ、嬉しい時間になりました。
どの子も心も身体も大きくなって、また一年で見違えるように立派になっていましたね。
園長先生が「おかえりなさい」の言葉と、平和を作り出す人になってほしいとのあやめ創立の思いを話されました。戦前は平和公園には広島一の繁華街があり、活気ある人々の生活が確かにそこにあり、一発の原子爆弾が一瞬にしてを全て奪ったと。

f0324461_10402708.jpg

原爆資料館改修に伴い、館内下の発掘調査では、焼け焦げた木製のしゃもじ、金属製の蓋、熱で溶けたガラス片などが発見されました。確かにそこには人々の日常の営みが感じられるます。
下の写真は出てきた焼け焦げた木製のしゃもじです。
f0324461_13274885.jpg


恒例のスライム作りを楽しんだ後、3年生が「光るスライム」作ってくれ、お土産に持って帰りました♪

f0324461_09472651.jpg
こちらは高学年の同窓会の様子。
毎年さんびか「主イエスはまことのぶどうの木」を歌いますが、歌詞を覚えていてくれ、しかもとても綺麗な歌声で、先生達を喜ばせてくれます。
f0324461_09475649.gif
こちらも普通のスライムだけではなく、変わり種のスライムを作っています。なんでしょう……?

f0324461_09481067.gif
シェービングフォームを入れると、こんなにふわふわもちもちのスライムを作ることが出来ます!

f0324461_09482288.gif
触り心地はもちろん、引っ張ったり伸ばしたとき感触も全然違います。いろんな楽しみ方を発見していた高学年さん☺

f0324461_09483071.jpg
今年もあやめ幼稚園に来てくれてありがとう!
特に6年生のお友達ありがとう。
来年も、皆の元気な顔を見れることを楽しみにしています!

# by ayamekusu | 2018-08-15 09:46

1学期終了式

f0324461_16375744.jpg

お泊まり会も終え、みどり組さんも一回り大きくなって無事に園に戻ってきましたよ!
今学期最後の礼拝です。

f0324461_16555146.jpg
園長先生より。
【夏休みは、私たちと同じように大切な命ある生き物とたくさん触れ合ったり、出会う機会が増えるので、しっかり仲良くなって、また2学期にお話して教えてくださいね!】

f0324461_16385064.jpg
赤組から2名のお友達が転出されます。
さみしくなるけれども、新しい場所でもきっと神様が見守っていてくださることでしょう。元気でね!また会おうね!

f0324461_16392419.jpg
「 夏休みにどんなことしたいかな?」
の質問にたくさんのお友達が
「ハーイ」「ハイッ」と挙手。
どんなことを楽しみにしているのかな?

f0324461_16394820.jpg
去年の夏、おばあちゃん家の近くの川でメダカを取ったから今年もしたいなあ。
涼しそうだね、今年もできるといいね!

f0324461_16414641.jpg
大好きなおじいちゃん、おばあちゃんのお家に
会いに行きたいです!
高速道路も開通になったからきっと会いにいけますね!

楽しく元気な夏休みがそれぞれに訪れるよう、
ヤッホッホ夏休み🎶しりとりうた🎶を
歌って式を終えました。

ありがとう!三滝少年自然の家!


思い出をたくさん胸にしまって、これから幼稚園に帰ります!
f0324461_13093177.jpg

f0324461_13224608.jpeg
f0324461_13230711.jpeg
f0324461_13100670.jpg
 
f0324461_15215877.jpg

f0324461_15220094.jpg

お母さん達、待っててね!


# by ayamekusu | 2018-07-14 13:07